猫の健康を守るために知っておきたい! 危険な食べ物リスト

Sponsored Links

猫は食べ物に興味津々な生き物ですよね。

飼い主さんの食べ物を欲しがる子もいる子も多いのではないでしょうか。

しかし、人間の食べ物は時として猫の体に害を及ぼす場合があります。

今回は猫にとって危険な食べ物をまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

猫にとって危険な食べ物

玉ねぎやネギ、ニラ

ネギ類には猫の赤血球を破壊し、貧血や血尿を引き起こす成分が含まれています。

この成分は加熱してもなくならないので、ハンバーグなどに入れて調理した状態で口にするのもNGです。

春菊やホウレンソウ

春菊やホウレンソウなどのアクガでる野菜には「シュウ酸」というものが含まれています。

シュウ酸は、摂りすぎると尿路結石を引き起こす危険があるので気を付けましょう。

生の青魚(アジ、サバ、サンマなど)

青魚には「アニサキス」という幼虫が寄生しやすいといわれています。

このアニサキスは猫の体に害を及ぼす危険があります。

軽く温める程度では死滅しないので、与える場合は十分に加熱をしてください。

また、青魚に多く含まれる「不飽和脂肪酸」を摂りすぎると皮下脂肪や内臓脂肪に炎症が起き、発熱を引き起こすこともあります。

Sponsored Links

生のエビやカニ

甲殻類の肝臓には猫に悪影響をあたえる毒素が含まれています。

生のまま口にすると、下痢や嘔吐の原因になるので絶対に与えないでください。

生の貝類

貝類の内臓に含まれる「ビオフェオホルバイト」という物質は、猫の体に悪影響を及ぼします。

日光を浴び続けると、耳などにかゆみ・炎症が起きるという「光線過敏症」という病気のもとになるので欲しがっても与えないようにしましょう。

生のイカやタコ

イカは生のまま与えると、猫の体内で毒性を発揮します。

タコは「チアミナーゼ」という毒素が猫にとって非常に危険です。

どちらも与えてしまうと、下痢や嘔吐の原因になりますし、消化も良くないので与えないでください。

ぶどう

犬が食べ過ぎて腎臓病にかかった例が報告されています。

猫にとっても完全に安心な食べ物だとは証明されていないので、与えないほうが無難です。

ちなみに干しぶどうもNG。

ツナ缶

猫が好みがちなツナ缶は塩分や脂分が多く含まれているので、内臓に負担をかけてしまいます。

缶詰などの加工製品はできるだけ与えないようにしましょう。

カレー

おいしそうな匂いに誘われてよってくる猫も多いと思いますが、カレーは強い香辛料を大量に使用しているので猫が口にすると胃腸炎を引き起こしてしまいます

ねだられても絶対にあげないように気を付けましょう。

By: T M

アイスクリーム

好む猫も多いですが、中毒を引き起こす食材が入っていることがあります。

そうでなくても、糖分が多いので肥満の原因やお口の病気の原因にもなりますので与えないようにしましょう。

チョコレートやココア

原料のカカオに含まれる「テオブロミン」という成分が猫の体に害を与えます。

口にすることで、下痢や嘔吐、けいれんなどの症状がみられるようになります。

ほんの少しだけでも猫が中毒症状を起こす危険性があるので、絶対に与えないでくださいね。

コーヒや緑茶

コーヒーや緑茶に含まれる「カフェイン」は嘔吐や下痢などの症状を引き起こし、心臓や神経系に異常がでる場合があります。

猫は水で十分なので、人間飲み物は与えないようにしましょう。

アルコール

人間と違って猫は体内でアルコールを分解することができません

そのため、急性アルコール中毒になってしまい、体に異常をきたす場合があります。

By: jen

最後に

人間にとっては美味しいものでも、猫の体にとっては危険な食べ物がたくさんあります。

よかれと思って与えていたら、思わぬ病気を引き起こしてしまった…なんていうことがないように与えてよいものとダメなものをきちんと飼い主さんが把握することが大切です。

また、病気を抱えている猫にとって害になるものも多くあり、それらを与えてしまうと病気が再発してしまう危険性があります。

こうしたことを避けるためにも、基本的には猫には人間用の食べ物は与えないほうが無難だといえます。

Sponsored Links

この記事が気に入ったら
いいねで犬猫の小ネタをお届け!

わんにゃふる!の最新情報をお届けします

ゆんちゃま

ゆんちゃま

投稿者プロフィール

猫が好きすぎて部屋中、猫だらけのアラサーライター。
最新の猫雑貨や猫ガチャに目がなく、気づけば何千円も投資してしまうことも…。
大好きな猫の正しい知識を多くの人に知ってもらって、猫好きが増えればいいなと思っています。
目指すは、日本猫好き計画にゃー。

この著者の最新の記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る