散歩をさせたい!飼い猫のリード選びのポイント

Sponsored Links

室内で猫を飼う方が多くなってきたことに伴って、最近では猫にもリードを付けて散歩をさせる飼い主さんも多くなってきています。

そんなときに迷うのがリードの選び方。

猫にも人にも使いやすいリードを選ぶことは快適な散歩を行うためにかかせないことですよね。

今回はそんな猫のリード選びについて詳しく説明しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

おすすめのリードとは?

首輪にも注意が必要

散歩のときに自分のお気に入りの場所に行きたい子も多く、飼い主さんを振り回してしまう子もいます。

そのためにリードをつける首輪は、強い力が加わってもはずれにくいものを選ぶことが大切です。

普段、室内や外などを猫ちゃんだけで散歩させるときは木登りの最中に枝にひっかかったりしても宙づり状態にならないようにするために強い力が加わるとすぐにはずれるタイプのものを使用している方も多いと思います。

しかし、散歩は外に興奮した猫ちゃんがそのまま脱走してしまうことがあるので、必ず外れにくいものを選びましょう。

ハーネスタイプのリードがオススメ

首だけをひっぱるタイプのリードは、飼い主さんが引っ張りすぎると首が締まってしまう危険があるので避けた方がよいです。

最近ではベストタイプのハーネスがたくさん発売されており、見た目も可愛いのも魅力のひとつです。

胴体までしっかりと包み込むので、猫の動きをしっかりと制限することができ不慮の事故防止にも繋がります。

Sponsored Links

散歩のときに注意することは?

狭い隙間には入らせないようにする

猫は狭い場所が好きな動物なので、散歩中にも家の軒下や家と家の間のちょっとした隙間に入ろうとします。

しかし、一度入ってしまうとそこでリラックスしてしまい、なかなか出てこない子も多いです。

狭い場所なので飼い主さんが出そうとしても手が届かず、猫が飽きるのに付き合わなければならないこともあるので、負担が増えてしまいます。

こうした場所に入ろうとしたときは事前に止めるか、そのコースを通らないように気を付けましょう。

他の猫にも注意

猫は縄張り意識が強いので、散歩中に他の猫に会うとケンカに発展してしまう可能性があります。

特にオス猫の場合はメスよりも縄張りへの意識が高いので気を付けましょう。

去勢・避妊をしていない猫は発情期に散歩をするとメス猫を探したり、盛りのような声をあげて近所迷惑にもなりますので、猫を散歩させたいと思っている方は必ず手術を行いましょう。

ワクチン接種が大切

家の中とは違い、外には様々なウイルスがあります。

散歩中に猫風邪をひろってしまったり、フィラリア症にかかってしまう子もいます

そうした病気にかからせないためにも、外の散歩を検討している猫は年に1回のワクチン接種をしっかりと行いましょう

特にフィラリア症は犬だけの病気と考えられがちですが、近年猫にも発症することが判明した病気です。

愛猫の健康を守るためにもきちんと病気の予防をしてあげてくださいね。

最後に

散歩をさせると猫も犬同様に、散歩の時間を楽しみにするようになります。

なので、「興味本位で1回だけ散歩をさせてみよう」などという安易な気持ちで散歩をさせないことが大切です。

一度外の世界を知ってしまうと、お外にでたい!という気持ちも強くなるので、その後も散歩をしてあげないと脱走しようと試みることもあります。

飼い猫の運動量を増やしたいと考えている方は、よく検討されたうえで散歩をさせるようにしましょうね。

Sponsored Links

この記事が気に入ったら
いいねで犬猫の小ネタをお届け!

わんにゃふる!の最新情報をお届けします

こんな記事も読まれています

ゆんちゃま

ゆんちゃま

投稿者プロフィール

猫が好きすぎて部屋中、猫だらけのアラサーライター。
最新の猫雑貨や猫ガチャに目がなく、気づけば何千円も投資してしまうことも…。
大好きな猫の正しい知識を多くの人に知ってもらって、猫好きが増えればいいなと思っています。
目指すは、日本猫好き計画にゃー。

この著者の最新の記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る