新入り子猫を噛む先住猫の気持ちってどんな感じ?

Sponsored Links

新しい猫をおうちに迎えたときに一番気になるのが先住猫との仲ですよね。

お友達を作ってあげるはずが、いつの間にか険悪な雰囲気に見えるので悩んでいるという方も多いのではないでしょうか。

今回は新入り子猫を噛む先住猫の気持ちを分かりやすく説明致しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

どうして新入り猫を噛むの?

先住猫が新入り猫を噛むのは「自分の方が立場が上だ」と教えている場合があります。

力で適わないことを教えこんで、上下関係をはっきりさせることは猫の世界では重要なことです。

このように新入り猫を噛んで、立場を教えることはほとんどの先住猫が行います。

しかし、何度も新入り猫を迎えた経験がある子はメンタル面で準備がきちんとできているため新入り猫をすぐに可愛がることもあります

Sponsored Links

こんな時は要注意!

二匹の仲をよくするためには多少は新入り猫が噛まれることが必要です。

それが猫の世界でのルールだからです。

しかし、必要以上に先住猫が新入り猫を羽交い絞めにしながら噛んだり、噛まれたところに出血がみられる場合は飼い主さんが間に入ってあげる必要があります

噛むことは力を見せつけているということはので、まだ相手の存在を許していないという証です。

そんな状態の2匹をそのまま野放し状態にしておくと、新入り猫が思わぬ怪我をしてしまう場合がありますので注意しましょう。

新入り子猫が心配

噛まれている姿をみていると新入り猫が殺されてしまわないか不安に思う方も多いと思います。

ほとんどの先住猫は力加減を分かって噛んでいます

その証拠に人間からしてみれば激しく見える猫のじゃれあいでも、猫同士は実際に流血していないことが多いですよね。

そんな風に人間にしてみれば少し怖く見える遊び方で遊んだり、主張したりするのが猫の世界のルールなのです。

しかし、ごくまれに気が強くて野良猫歴が長かった子は新入り猫の存在を受け止めきれず、かみ殺してしまうケースもあります。

いずれにせよ、双方が慣れないうちは飼い主さんの目の届く範囲で対面させるのがオススメです。

もし、それでも猫同士が仲良くなれなかった場合は、一緒の部屋で過ごすことを諦めて別室で飼うようにするのがよいです。

猫の世界はある程度は猫に任せよう

新入り猫が心配でついついおせっかいをかけたくなってしまうのが人間ですよね。

しかし、猫は猫同士で学ぶことや折り合いをつけることがたくさんあります。

手を出すのは、どうしても猫同士に任せておけないときだけにしてある程度のことは飼い猫を信じて見守ってあげるのも必要です。

安易に手を出しすぎてしまうと、先住猫が拗ねてしまうこともあります。

仲良くなってくれるまでは心配がつきものですが、お世話をしすぎないことを心がけるのも大切ですよ。

Sponsored Links

この記事が気に入ったら
いいねで犬猫の小ネタをお届け!

わんにゃふる!の最新情報をお届けします

ゆんちゃま

ゆんちゃま

投稿者プロフィール

猫が好きすぎて部屋中、猫だらけのアラサーライター。
最新の猫雑貨や猫ガチャに目がなく、気づけば何千円も投資してしまうことも…。
大好きな猫の正しい知識を多くの人に知ってもらって、猫好きが増えればいいなと思っています。
目指すは、日本猫好き計画にゃー。

この著者の最新の記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る