服についてしまった猫の毛対策 綺麗に取るためにはどうする!?

Sponsored Links

出勤前やお出かけの前に名残り惜しそうに愛猫を抱き上げる方も多いと思います。

しかし、飼い猫の毛が服につくとなかなか取りずらいのが悩みだという方もいるのではないでしょうか。

今回はそんな飼い主さんのために服についた猫の毛対策をいくつかお教えいたしますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

服についた猫の毛への対策法

猫をこまめにブラッシングする

どれだけ服を綺麗にしても猫自身に抜け毛が多かったのでは意味がありませんよね。

ですから、普段のブラッシングをよりこまめに行うことが大切です。

短毛種の場合は1日に1回、長毛種の場合は1日に2回程度行うのがおすすめです。

ブラッシングを嫌がる猫ちゃんにはブラッシングが好きになってもらえるように、終わった後に大好物のおやつをあげるなどの対策をとりましょう。

Sponsored Links

ペット用洗剤を使う

楽をしながら猫の毛をとりたいという方におすすめなのがペット用洗剤です。

毛のついた服をそのまま洗濯機にいれて、ペット用洗剤を入れるだけで普段よりも綺麗に猫の毛が落ちてくれます

完璧に取り除くのは難しいですが、普段使っている洗剤よりは綺麗に取り除くことができるのでおすすめです。

気になる洗い上がりもふんわりとして触り心地に仕上がりますよ。

ゴム手袋を使う

要らなくなったゴム手袋で毛のついた衣類をそっとなでるように触るだけで簡単に猫の毛がとれます

ゴム手袋は衣類だけではなく、カーペットについた猫の毛も取り除けるのでおうちで重宝してくれること間違いなしですよ。

コロコロを使う

カーペットなどを掃除するコロコロクリーナーを使えば、細かい毛も綺麗に取り除くことができます。

手軽にできて、一番しっかりと取り除くことができるので大切な打ち合わせなどで身なりを気にするときはこれに頼るのもおすすめです。

中にはコロコロクリーナーで体をコロコロされるのが好きな猫ちゃんもいるので、一度試してみるのもいいかもしれませんね。

部屋の掃除方法を見直す

カーペットだけを重点的に掃除している方は猫用のベットやハウスなどについている毛を見逃しがちです。

そうした毛を放っておくと、空気中に舞ってしまい、衣類に毛がつく原因になることがあります。

そんなことを避けるためにも、定期的に猫用グッズもこまめに掃除をするように心がけましょう。

まとめ

取りづらい猫の毛も一工夫を凝らせば、簡単に取れてしまうものです。

これならお出かけ前に猫とも十分触れ合える時間を持てるようにもなりますね。

ぜひこれを機におうちでペットの抜け毛対策を始めてみてはいかがでしょうか。

Sponsored Links

この記事が気に入ったら
いいねで犬猫の小ネタをお届け!

わんにゃふる!の最新情報をお届けします

こんな記事も読まれています

ゆんちゃま

ゆんちゃま

投稿者プロフィール

猫が好きすぎて部屋中、猫だらけのアラサーライター。
最新の猫雑貨や猫ガチャに目がなく、気づけば何千円も投資してしまうことも…。
大好きな猫の正しい知識を多くの人に知ってもらって、猫好きが増えればいいなと思っています。
目指すは、日本猫好き計画にゃー。

この著者の最新の記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る