喫煙者の人は要注意! タバコは猫にも害がある?

Sponsored Links

最近はお家の中で猫を飼ってる方がほとんどですよね。外での生活に比べて猫たちにとってはずいぶん暮らしやすくなったと思います。

しかし、お家の中にいるからこその危険もあります。例えば“タバコ”もそのうちのひとつでしょう。

愛煙家の方なら、タバコってもしかしたら家の猫にとって良くないのかも!?と考えたことがあるかもしれません。

人の健康にも害があると話題の受動喫煙。ペットにおこる受動喫煙による健康被害とはどのようなものがあるのでしょうか?

人より5倍も影響を受けている!?

ペットの健康についての研究が進んでいる欧米では、ペットの受動喫煙による影響は同じ部屋にいる人と比べて5~6倍にもなるといわれているそうです。

それは、部屋の中で吸ったタバコの有害物質が空気中よりもフローリングやカーペット、カーテンや壁に多く付着しているからです。

人よりも小さく床に近いペットはその残留している有害物質に強く影響を受けています。

Sponsored Links

猫がとくに強く影響を受けるワケ

ペットにおけるタバコの影響は大型犬よりも小型犬、小型犬よりも猫がより強く受けます

特に猫はグルーミングというこの動画でもあるように、自分で自分の身体についた汚れを舐めとる習性があるからです。

猫の毛に直接ついたタバコの有害物質や床に付いているものを綺麗に舐めとり、身体の中に取り入れてしまうのです!

どんな病気になりやすいのか

猫においても、人と同じように肺ガンのリスクが高まると言われています。

また、口腔内に付くことで口腔ガンの要因になったり、怖ろしいリンパ腫の要因になるとも考えられています。

猫のリンパ腫は喫煙家の飼い主と5年以上生活していると2~3倍発症しやすくなるとの推定もあります。

ガンの他にも、皮膚炎や喘息、眼の炎症を引き起こすこともあるようです。

「最近うちの猫が咳をしてる!」「なんだか目やにが増えたかも?」という時は、飼い主さんの喫煙が関係しているかもしれません。

最後に…

ペットの、特に猫が受けるタバコの影響をまとめましたが、調べれば調べるほど怖くなりました。

ペットが受動喫煙しないようにするには飼い主さんが禁煙をするしか方法がありません。

別の部屋で吸っていても、有害物質は眼に見えない微粒子で少しの隙間でもすりぬけてしまいます。

愛煙家の方には酷なことかもしれませんが、ぜひ禁煙していただきたいです! 今までタバコに使っていた時間とお金を大切な家族のために使っていきませんか?

Sponsored Links

この記事が気に入ったら
いいねで犬猫の小ネタをお届け!

わんにゃふる!の最新情報をお届けします

mana_ko

mana_ko

投稿者プロフィール

昆虫以外の動物なら愛せます。猫と暮らし始めてからは猫のとりこです。
趣味は猫と犬とカフェとカメラと漫画。
動物に関するちょっとした疑問や悩みを解決するお手伝いをしたいです。飼い主様と動物みんなが幸せになーれ!

この著者の最新の記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る