猫が暴れる爪切り! 暴れないようにするコツ!

Sponsored Links

室内飼いの飼い主さんが1番悩みやすい爪切り。 伸ばし続けると、カーテンなどにひっかかってて可哀想だし、家具もボロボロに…。

そうはいっても、暴れるからなかなかうまく切れない! そんな飼い主さんのお悩みを今回は解決しちゃいますよ。

そもそも爪は切ってもいいの?

外にも自由に出れる猫の場合は、爪が武器になったり、爪をひっかけて木に登ったりするので切らないほうがいいです。

しかし、完全室内飼いの猫の場合は伸びすぎた爪がひっかかって身動きがとれなくて危険な場合もあるので切ることをオススメします。

Sponsored Links

どこまで切ってもOK?

猫の爪をよく見てみると、根元のほうがピンク色になっていますよね。 そのピンク色の部分には血管や神経が通っているので、そこを切られると激しい痛みを感じます

ですから、爪切りをするときは、ピンク色の手前で必ず切るのをやめることが大事です。

間違って、ピンク色の部分を切ってしまうと2度と爪を切らせてくれなくなる子もいるくらい、トラウマになりやすいのです。

どうやって切る?

こんなふうにイライラしたり、暴れる猫がほとんどで飼い主さんは手を焼いていると思います。

暴れる猫でもちゃんと爪切りができるコツをお教え致します。

寝ているうちに切る

猫が無防備な寝ている時にこっそり爪を切っちゃいましょう。 ただし、1日で全部切るのは難しい場合があるので、根気が必要です。

爪を切ったあとに大好物をあげる

好きなものがもらえることで猫は爪切りと好物を結びつけます。

何度か繰りかえすと「爪切り=我慢すれば美味しいものがもらえる」と思い、いい子で我慢してくれるようになります。

洗濯ネットにいれる

1度でたくさんの爪が切れるのでオススメの方法です。 洗濯ネットに猫をいれて、ネットの網目から爪を出して切っていきます。

普段暴れる猫でも洗濯ネットにいれられるとなぜか観念したように大人しくなる子が多いです。

ペットショップや獣医さんに頼む

これらの方法を試しても暴れて切れないという場合は、最終手段としてペットショップや獣医さんに切ってもらうのもひとつの方法です。

猫の爪切りの値段は500円程度なので、お財布にも優しいですよ。

最後に…

猫の爪を切るときは必ずペット用の爪切りを使用してください。 爪の形が人間と違うので、人間用の爪切りやハサミで切ると爪が割れる危険がありますので、注意してください。

爪切りしたら、嫌われちゃうのかなと心配な飼い主さんもいるでしょうが、爪切りは猫の安全を守る大切なお世話のひとつです。

「あなたが大切だからするんだよ。」という気持ちが伝われば、きっと愛猫ちゃんも飼い主さんの愛情をわかってくれるはずですよ。

悩みを少しでも解消して、猫との生活をもっとenjoyしていきましょうね!

Sponsored Links

この記事が気に入ったら
いいねで犬猫の小ネタをお届け!

わんにゃふる!の最新情報をお届けします

ゆんちゃま

ゆんちゃま

投稿者プロフィール

猫が好きすぎて部屋中、猫だらけのアラサーライター。
最新の猫雑貨や猫ガチャに目がなく、気づけば何千円も投資してしまうことも…。
大好きな猫の正しい知識を多くの人に知ってもらって、猫好きが増えればいいなと思っています。
目指すは、日本猫好き計画にゃー。

この著者の最新の記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る