おやつは猫にとって必要? あげるタイミングやおやつの選び方

Sponsored Links

おやつの袋を開ける音で走ってくる子もいるほど、猫にとっておやつは楽しみなものです。

しかし、猫におやつをあげるときに「本当に必要なの?」と思ったことがある飼い主さんも多いのではないでしょうか。

今回は猫にとっておやつとはどういうものなのかを詳しくお教え致しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

猫にとって必要な食事量

猫種や運動量によって個体差はありますが、猫にとって1日に必要な食事量は、成猫の場合は体重1kgに対して80カロリーほどだといわれています。

しかし、最近では室内飼いの子も増えており、そうした子は運動量がすくないので体重1kgに対して70カロリーほどで十分だといえます。

これはあくまでも一般的な体重の子の目安なので、肥満体型の子は低カロリーフードなどでもっと摂取するカロリーを減らしてもOKです。

また、妊娠中や授乳中の子はより多くのカロリーが必要になってくるので通常の2~4倍ほどのカロリー摂取をさせてあげるのがおすすめです。

Sponsored Links

猫にとっておやつは必要?

1日の中で適切な食事量をしっかりととっていれば、特におやつを与える必要はありません

しかし、おやつを楽しみに待っている子も多いので、そうした子から楽しみをとってしまうのは可哀想です。

おやつは猫とのスキンシップにもなる大事なものなので、少量であれば与えてもOkです。

おやつを与えたときは1日のカロリー摂取量が多くなりすぎないように、普段のキャットフードでカロリーをコントロールして肥満体型になるのを防ぎましょうね。

オススメのおやつ

おやつにも様々な種類があり、ただ味が美味しいだけのものもあれば歯磨き効果やオーラルケアなどの体調管理をサポートしてくれるものもあります。

ですから、おやつを選ぶときは飼い猫の健康にそったおやつを選ぶのがおすすめです。

例えば、最近口臭が気になるといった子には噛んで歯垢を落とすタイプのおやつを与えたり、水をあまり飲まないという子にはウェットタイプのおやつを与えたりしましょう。

カニカマなどは猫が好んで食べやすいですが、与えすぎると下痢になる場合があるので注意しましょうね。

まとめ

猫にとっておやつは必需品ではありませんが、日々の暮らしを楽しくしてくれる大切なものです。

パッケージにかかれているカロリーや添加物などをよく読んで、猫の健康にいいものを与えるようにしましょうね。

ぜひこれを機におうちでも猫の健康管理ができるおやつを与えてあげてみてはいかがでしょうか。

Sponsored Links

この記事が気に入ったら
いいねで犬猫の小ネタをお届け!

わんにゃふる!の最新情報をお届けします

こんな記事も読まれています

ゆんちゃま

ゆんちゃま

投稿者プロフィール

猫が好きすぎて部屋中、猫だらけのアラサーライター。
最新の猫雑貨や猫ガチャに目がなく、気づけば何千円も投資してしまうことも…。
大好きな猫の正しい知識を多くの人に知ってもらって、猫好きが増えればいいなと思っています。
目指すは、日本猫好き計画にゃー。

この著者の最新の記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る