うちの犬 散歩の途中や散歩の帰りに歩かない! そんなときにはどうする?

Sponsored Links

いつも通りのお散歩お散歩。 うちの犬を連れて、いつもの散歩コースへ。 そして・・・・またもや、座って動かなくなってしまう愛犬。

もう、押しても引いてもテコでも動きません。 これは何か理由があるんでしょうか? こういう時にどうすればいいんでしょうか?

散歩には出るのに、動かない、歩かなくなってしまう犬。 これにはどんな理由があり、どう対処すればいいのでしょうか。

散歩を嫌がる原因

犬が散歩を嫌がる、歩かない、その理由は様々ですが、大きく分けて次のようなものがあります。

  • 犬の性格で歩くより抱かれることを飼い主に求め甘えている
  • いつもの散歩ルートで怖い目に遭った
  • 子犬時代の散歩不足で社会性が出来ていないため外が怖い

病気や怪我という可能性も否定できませんので、まずはその可能性を潰すために病院に行きましょう。

体調が悪い、足や腰を傷めているといった体の不調が見当たらなければ、後は思いあたる原因に合わせて、もう一度歩けるように対処することにしましょう。

Sponsored Links

歩かない時の対処法は?

小型犬で飼い主に抱かれたがる場合はまず、おやつをご褒美に持っていきます。 あそこまで歩いたらおやつだよと決めて、そのゴールを少しずつ伸ばしていきましょう

そして、普段から抱いて歩く癖を切り離すよう気を付けて下さいね。

怖い目に遭ったと思われる場合は、散歩ルートを変えてあげて下さい。 大きな音がした、他の犬に吠えられた、そういうことが理由なら、怖くないよ、楽しいよ、と宥めながらゆっくり違う道を歩かせるようにして下さい。

社会性不足でどうしても外が怖い、歩かない、この場合は、いっそ散歩は休憩! 散歩をさせないことが可哀想ではなく、嫌がっている散歩をさせることが可哀想なのです。

しばらく、家でゆっくりさせて室内運動をさせ、落ち着いたら社会復帰を目指しましょう。

まとめ

犬は散歩が好き、それが普通です。 ですから、何かの理由で散歩が楽しめなくなった、ましてや怖いと思っているなら何とかしてあげたいですね。

飼い主さんも犬のペースに合わせて、焦らず、無理強いせずに、ゆっくりと、犬が元通りに外を楽しめるように手伝ってあげて下さい。

Sponsored Links

この記事が気に入ったら
いいねで犬猫の小ネタをお届け!

わんにゃふる!の最新情報をお届けします

こんな記事も読まれています

カテゴリー

ページ上部へ戻る