うちの犬がみかんを欲しがるけれど、あげても大丈夫?

Sponsored Links

室内で犬を飼っていると、ついつい人間の食べ物を与えてしまいがちですよね。

しかし、人間の食べ物には犬にとって有害となるものもあります。

人間の食べ物の中でも特に果物は欲しがる犬が多く、また自然の食材だからとこちらも躊躇なく与えている場合が多いのではないでしょうか。

今回は、冬の定番「みかん」を犬に与えても大丈夫なのか、また与える場合の注意についてまとめました。

みかんは与えてもいい食材?

みかんは犬にとって有害ではありません。

その他の柑橘類も与えて問題はないでしょう。

犬にとって有害な果物はブドウやレーズン、プルーン等のブドウ類とアボカドです。

ブドウ類は与えすぎると腎不全を起こし、またアボカドは胃に炎症を起こしてしまいます。

どちらも摂取量が多いとひどい時には死に至る危険性がありますので、絶対に与えないで下さい。

Sponsored Links

皮は有害になることも

これは人間も注意が必要ですが、市販のみかんは外皮に農薬がついているため皮を口に入れる事は危険です。

みかんを与える際は絶対に外皮を剥きましょう。

また、中の薄皮は食べても問題ありませんが、あまり消化が良くないのでこちらも剥いて、中の果実のみ与えましょう。

種があれば、こちらも消化が悪いため犬の口に入る前に取り除いて下さい。

みかん以外の果物は、消化に悪いだけでなく皮や種に有害物質が含まれている可能性もありますので、その食材ごとの処理方法を調べてから与えましょう。

加工品はNG

既に皮が処理されているからといって缶詰を与えたり、フルーツジュースを飲ませる事は厳禁です。

缶詰はシロップ漬けの物が多く犬にとっては糖分の取りすぎとなりますし、加工された食品には防腐剤等の添加物が含まれています。

フルーツジュースも、たとえ100%のジュースであっても甘みが濃縮されていますので糖分の取りすぎになります。

犬にとって無害なのは、加工されていない果実のみです。

食べすぎに注意

犬には満腹中枢がないため、一度美味しいと感じるともっともっとと欲しがり続けます

しかし、いくら有害でないからといって、大量に与えると嘔吐や下痢の原因となってしまいます。

また、人間はビタミンCの補給に!と柑橘類を努めて摂取する事もありますが、犬は体内でビタミンCを作る事ができますので口からの摂取の必要はありません。

本来は食べる必要のないものを与えているのですから、あくまでも少量をおやつ代わりに与える感覚で食べさせましょう。

まとめ

みかんは犬にとって有害ではありませんが、特別栄養になるというものでもないようです。

しかし、みかんが大好物という犬は意外と多く、好きなのであれば食べさせてあげたい…というのが飼い主心。

食べ過ぎには注意ですが、たまのご馳走として時々与えてあげましょう。

Sponsored Links

この記事が気に入ったら
いいねで犬猫の小ネタをお届け!

わんにゃふる!の最新情報をお届けします

こんな記事も読まれています

おみ

おみ

投稿者プロフィール

スーパー甘えん坊のボーダーコリーと生活中の犬オタクです。
愛犬に関するいろんなお悩みを抱えた飼い主さんの手助けが少しでも出来たら嬉しいです。
新米ライターですが、皆さんのお役にたてるように精一杯がんばります!

この著者の最新の記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る