猫のおやつ 与えても大丈夫な適正量はどれくらい?

Sponsored Links

普段の食事よりも猫ちゃんが楽しみにまっているのがおやつですよね。

おやつはドライフードよりも味が美味しいので、どんな猫のでも食いついてくれやすいのも特徴ですよね。

しかし、そんなおやつをどれほど与えたらいいのか悩んでしまう飼い主さんも多いのではないでしょうか。

今回は飼い猫に与えるおやつの量について詳しくお教え致しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

おやつの適正量

おやつはドライフードよりもカロリーが高いものがあるので、あげすぎると肥満の原因になります。

また、カニカマなどはたくさん与えることによって体調不良の原因にもなってしまいます。

うんちがゆるくなり、下痢をするようになってしまうのあれば元も子もありませんよね。

そうならないようにするには、与えるおやつの量をしっかりと考えることが大切です。

目安は1日の総カロリーの合計がおやつを含んで、キャットフードのパッケージに記載されている総カロリー数と同じになるようにするとよいです。

ですから、モンプチやちゅ~るなどの小袋系のおやつは1日に1袋程度に抑えておきましょう。

Sponsored Links

年齢によっての量の違い

おやつも年齢によってあげる量が変わってきます。

若い猫の方がおやつを多く欲しがる傾向がありますので、その場合は肥満にならないようにカロリーを気を付けながら与えてください。

特に子猫のうちからたくさんのおやつをあげ続けてしまうと肥満になりやすくなってしまうので、子猫への栄養補給はおやつよりもキャットフードを優先するようにしましょう。

シニア猫になると食欲も落ち、食べられる量も少なくなってきます。

カニカマなどの消化の悪いものはシニア猫にとっては特に体によくない場合があるので、ささみなどの栄養があるおやつに切り替えるのが無難です。

おやつをあげるタイミング

おやつをあげるタイミングは各家庭できっちりと決めておくとよいかもしれません。

例えば飼い主さんの帰宅時にあげれば、猫はより飼い主さんの帰宅を心待ちにしてくれます。

このようになるべくごはんと同じタイミングで与えずに、ご飯とご飯の間におやつタイムをはさむのがおすすめです。

まとめ

猫にとっておやつはキャットフードよりも味が美味しいものなので、もらえると嬉しい気持ちになります。

そうした気持ちを活用して、仲良くさせたい猫と一緒にいるときにおやつをあげたり、苦手な人の手からおやつを与えたりしていくとよいです。

ぜひおうちで今一度、猫に与えるおやつの量や種類を見直してみてはいかがでしょうか。

Sponsored Links

この記事が気に入ったら
いいねで犬猫の小ネタをお届け!

わんにゃふる!の最新情報をお届けします

こんな記事も読まれています

ゆんちゃま

ゆんちゃま

投稿者プロフィール

猫が好きすぎて部屋中、猫だらけのアラサーライター。
最新の猫雑貨や猫ガチャに目がなく、気づけば何千円も投資してしまうことも…。
大好きな猫の正しい知識を多くの人に知ってもらって、猫好きが増えればいいなと思っています。
目指すは、日本猫好き計画にゃー。

この著者の最新の記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る