犬と猫の違い 性格はどんな感じ? 実体験からの比較

Sponsored Links

犬と猫はどちらも同じくらい人気のある代表的な動物です。でも、その性格は正反対だとよく言われます。

具体的に何がどう違うのか、また犬や猫にとって人間である飼い主がどういう存在なのか、実体験を参考にまとめてみました。

犬は従順、猫はワガママ。それってホント?

一般的に「犬は従順で飼い主の命令をきく。猫は気まぐれでマイペース」と考えられています。

もともと犬は社会性の高い動物です。群れの中では順位が付けられ、基本的には上位の犬に逆らうことはありません

この習性は、共同体を作って生きる人間社会に適しています。さらに、しつけもできることから、古くから人間の友人としての地位を確立してきました

一方、猫は単独行動が基本です。 縄張り意識が強く、自分のテリトリーに他の猫が侵入すれば縄張り争いに発展します。

狩りも単独、食事も単独と、犬に比べるとはるかに自立心が高くプライドの高い動物です。 しつけはできないことはありませんが、それなりに苦労をするでしょう。

このように、犬と猫はまったく逆の習性をしているのです。

Sponsored Links

犬にとって人間は特別な存在

犬は人間のことをどう思っているのでしょうか。

動物行動学を研究するジョン・ブラッドショーさんは、犬は人間を「犬ではない何か」だと思っているといいます。

犬は人間、特に飼い主をリーダーとして認識し、飼い主の指示に従った行動をしたり、またはその努力をします。それは、犬同士の遊びでは見られない光景です。

そして、犬から向けられる愛情と信頼の眼差しが語るように、犬にとって飼い主とは、世界でもっとも好ましい存在なのです。

猫にとっての人間は「どんくさい大きな猫」

ジョン・ブラッドショーさんは「猫は人間を特別視しない」といいます。

猫にとって人間は、ただの大きな猫にすぎず、あくまで対等な存在だというのです。ですから、猫はたとえ飼い主相手でも接し方を変えず、遊ぶ時もあくまで猫が主役です。

そう考えると、対等という割には猫の方がずっと優位に思えませんか?

もしかしたら、猫は「対等にコミュニケーションをとってやっている」くらいに思っているのかもしれません。そして、そんなツレない態度に人間はノックアウトされ、ハマってしまうわけです。

犬と猫を飼った経験から

犬はいつもそばに寄り添い、ひたむきな愛情を向けてきます。

名前を呼べばとんできて、ボールを投げれば喜んで拾って戻ってきます。散歩では千切れんばかりに尻尾を振り、撫でればこれ以上ないというくらい嬉しそうに、うっとりと目を細めて身体を預けます。

猫は呼んでもめったに来ません。ただ、呼ばれたことはわかっているので、尻尾をパタパタと振って応えます。

本の上に乗って読書の邪魔をしたり、寝ている人間の顔に猫パンチでご飯を催促したりと勝手放題。かと思えば、膝の上でノドを鳴らしながら甘えることもあります。

どれも私の実体験です。これだけでも、それぞれの特徴がよくわかりますよね。

By: raneko

まとめ

犬と猫の性格を比較してきましたが、決して優劣はありません。最大級の無償の愛情をくれる犬。ツンとデレで人間を虜にする猫。どちらも可愛らしく、魅力いっぱいです。
その上で、犬か猫を飼うときは「自分の性格や環境に合うのはどちらか」を考えてみるのがいいでしょう。

ただし、あくまで例外がいることも忘れてはいけません。

なんせ、我が家にいる犬二匹のうち一匹は、気まぐれでワガママで自由奔放な、猫のようなお姫様犬なんですから!

Sponsored Links

この記事が気に入ったら
いいねで犬猫の小ネタをお届け!

わんにゃふる!の最新情報をお届けします

こんな記事も読まれています

ゆかり子

ゆかり子

投稿者プロフィール

犬猫を見ては「尊い…」と拝む兼業ライター。
もっぱら愛犬2匹に貢ぐ毎日。愛猫が大往生を遂げて以来、猫雑貨を手にレジに立つ回数が増えたことが悩みのタネ。
犬猫混在の多頭飼い経験がムダに豊富なので、記事に生かせればと思います。
@yukarikonekoでまったり呟き中です。

この著者の最新の記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る