飼い犬が雷を怖がる! 何か対策法ってない!?

Sponsored Links

夏は天候が変わりやすく、雷が鳴る事も多いですね。

雷の音が苦手な犬は割と多く、中には恐怖でパニックになってしまう「雷恐怖症」の犬も多くいます。

そんな雷恐怖症についての対処法をまとめました。

雷を怖がる原因

人間でも、初めて聞く大きな音や聞いたことのない音がすると恐怖を感じると思います。

それは犬も同じで、聞き慣れない音にビックリして怖がるのは自然な事です。

また、人間は天気予報や空の色で雷が鳴る事を予測でき、ゴロゴロという音は雷の音だと既に関連付けが出来ています。

しかし、犬にとっては前触れなくいきなり外から大きな音が聞こえてくるのですから、不安になるのも当然ですよね。

また、気圧の変化や電磁波に対しても敏感と言われており、音が聞こえる前から落ち着かず、時には震えたりといつもと違う行動を取る場合もあります。

重要なのは犬が感じている不安の程度で、 パニック状態に陥る程の恐怖を感じているのであれば早急に対処法を考えてあげる事が大切です。

Sponsored Links

主な症状

まず雷を察知して不安を感じると、このようにソワソワと落ち着かない様子で時には部屋を歩き回り、逃げ場を探します。

軽度であれば、そのまま時間が経てば落ち着きます。

しかし、音に過剰反応する犬はそのままパニック状態となってしまい、息遣いは荒くヨダレを流し、一目見て異常である事がわかる状態になります。

体は震え、排泄物を漏らしてしまう事もあります。

また、飼い主さんの声が耳に入らず時には攻撃したり、いてもたってもいられず窓の隙間から外へ逃げ出す事もあります。

実際に雷が原因で犬が脱走する事例は多く、外飼いの犬が雷にビックリしてリードを引きちぎって逃げたケースもあります

対処法

音を全く気にしない場合や、大きな音が鳴ったら少々気にするが日常生活には支障のない程度であればあまり気にする必要はありません。

しかし、軽度の不安をそのままにしていると知らず知らずの内に不安が増し、ある日突然パニックを起こすおそれもありますので、愛犬の変化を見逃さないようしっかりと観察しましょう。

まず第一に、雷が鳴っても飼い主さんは絶対に騒がない事が大切です。

飼い主さんが落ち着いていないと、犬も落ち着かず不安も増幅します。

犬を興奮させないよう落ち着いて、冷静に対処しましょう。

また、恐怖心を和らげる為には、録音機器等で録音した雷の音をあえて聞かせる方法があります。

犬がビックリしない音量から始め徐々に音量を上げていき、最終的には生活音の一部として認識できるよう慣らしていきましょう。

改善しない場合は不安を軽減するサプリメント等もありますので、病院で相談し雷が鳴る時期のみ与えるのも一つの方法です。

まとめ

音に敏感に反応する事は動物の本能であり、おかしい事ではありません。

しかし一度恐怖症のレベルまで重症化してしまうと、その不安を取り除く為には大変な時間を要します。

愛犬が不安を感じる原因をしっかりと理解し、早めに対処する事が何より大切です。

Sponsored Links

この記事が気に入ったら
いいねで犬猫の小ネタをお届け!

わんにゃふる!の最新情報をお届けします

こんな記事も読まれています

おみ

おみ

投稿者プロフィール

スーパー甘えん坊のボーダーコリーと生活中の犬オタクです。
愛犬に関するいろんなお悩みを抱えた飼い主さんの手助けが少しでも出来たら嬉しいです。
新米ライターですが、皆さんのお役にたてるように精一杯がんばります!

この著者の最新の記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る