犬の多頭飼い 我が家はこうして「初日」を過ごしました

Sponsored Links

我が家でも、現在2匹のミニチュアダックスが仲良く暮らしています。

血のつながりはありませんが、いつもそばにいて仲良しです。

今回は、そんな我が家の「多頭飼い初日」について、ご紹介していきます。

2頭目を買う決心

レンを飼い始めた当時、私は一人暮らしでした。

そのため、仕事中に1匹でお留守番させていることに対し、心苦しく感じていました。

そのことをレンを引き取ったブリーダーさんに相談したところ、「もう一匹、うちに売れ残りそうなミニチュアダックスがいるから多頭飼いしたら?二匹でいたら、寂しくないよ」とアドバイスされました。

「確かに2匹なら寂しくない!」

そう考えた単純な私は、アドバイス通り売れ残ってしまっていたもう一匹のミニチュアダックスだったモコを引き取ることにしました。

レンを引き取って、2週間後のことでした。

Sponsored Links

2頭目を飼うにあたって

2頭目を飼うにあたり、新たに用意したものは2つだけでした。

モコ用のご飯食器

水のみやトイレは共同で使うにしても、ご飯食器だけは共有できないと考え、用意。

レンと同じものにして、二匹共用としました。

ペットカート

先に我が家にきていたレンはとにかくお散歩嫌い。外に出ても数メートルで座り込み、しっぽをふりふりしてお腹を出して「いやです」ポーズ。

しかし、1歳のモコはまだまだ元気いっぱいにブリーダーさんの家を走り回っている状態。そのため、「お散歩のペースが違いすぎるから、お互いにストレスがないように」と、ブリーダーさんと相談して購入しました。

どきどきの初日

モコをお迎えして、初めての日。

柵越しに初対面させると、モコはきゃんきゃん吠えていますがしっぽは下に振っていました。レンもしっぽをめいっぱい下に振っていたため、「これは大丈夫かな」と思い、すぐに2匹を一緒のフロアへ。

するとモコがレンのおしりを嗅いだ後、レンをぺろぺろなめ始めました。レンも嫌がる様子はありません。

モコはしばらくレンのそばから離れず、そのまま移動の疲れからか同じペット用ベッドで寝てしまいました。

2日目

二匹がうまくいくか心配で、念のため次の日もあらかじめお休みをとっていましたが、心配は取り越し苦労でした。

時々モコがレンに対してふざけて噛もうとすると、レンがものすごい声で吠えて怒る、ということはありましたが、何回かレンに吠えられるうちにモコも自然とやらなくなり、今では全く見られません。

お散歩の時は、レンをカートに乗せてモコだけ歩かせることでお互いがストレスなく散歩に行くことができました。

IMG_5774.jpg

まとめ

うちは同じブリーダーさんで、しかもあまり期間を空けずに立て続けに引き受けたので大変スムーズにいきましたが、犬によってははじめの数週間は赤ちゃん返りのように手がかかってしまうこともあるようです。

人間と一緒で、犬も個性によってずいぶん違うんだな、と思ってしまった、多頭飼いの初日でした。

Sponsored Links

この記事が気に入ったら
いいねで犬猫の小ネタをお届け!

わんにゃふる!の最新情報をお届けします

こんな記事も読まれています

レンモコ

レンモコ

投稿者プロフィール

8歳のメス、3歳のオスのミニチュアダックス2匹のママです。
二匹の飼い主になってまだ3年目の新米ママのため、私自身も記事作成を通じて日々犬について勉強中です。
毎朝オスの顔面ぺろぺろ攻撃に起こされる日々を送っています。

この著者の最新の記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る