エリザベスカラーを嫌がる猫 そんな時はどうする!?

Sponsored Links

手術のあとには、猫の首にエリザベスカラーを装着しますよね。

けれど、たいていの猫はこのエリザベスカラーを嫌がって大騒ぎ。

外してあげたくても外せない猫とエリザベスカラーの浅からぬ因縁。

なんとかうまく折り合いをつける方法はないのでしょうか?

エリザベスカラーの何がいや?

首りをぐるりと囲むエリザベスカラー。

猫にとっては「視界が悪い」「上手に歩けない」「遊べない」などなど、ストレスになることばかりです。

この邪魔者をなんとか外してやる!と躍起になって、どったんばったんひっくり返りながら大暴れ。

身を守るためのエリザベスカラーが原因で新たに別のケガを負いそう……なんて、笑えない想像に飼い主はヒヤヒヤものです。

獣医さんの指示には従いましょう

獣医師がエリザベスカラーの装着を指示したのであれば、飼い主の判断で安易にエリザベスカラーを外してはいけません。

そもそもエリザベスカラーは、傷口からバイ菌が入ることを防ぎ、また、縫合の糸を噛んで傷口が開かないようにするためのものです。

猫がかわいそうだからとエリザベスカラーを外してしまうと、後になって大問題を引き起こす可能性だってあります。

Sponsored Links

透明のカラーや食事環境でストレス軽減

猫のためとはいえ、少しでもストレスを減らしてあげたいという気持ちもあります。

少しでも猫が過ごしやすいエリザベスカラーライフのために、何かできることはないのでしょうか。

透明のエリザベスカラーを使う

今使用しているエリザベスカラーが色つきであれば、透明のエリザベスカラーにチェンジしてみてください。

邪魔であることは変わりませんが、視界が遮られず周囲が見えるだけでも、猫はだいぶ落ち着きます。

透明のエリザベスカラーは動物病院で貸し出していたり、ペット用品店でも販売していますよ。

エリザベスカラーを少しカットする

もし自分で購入したエリザベスカラーなら、外周部分を少しカットして利用してもいいでしょう。

視界が広がり、またカットすることで少しなりとも重さも軽減されます。

ただし、エリザベスカラーのサイズが小さすぎると、猫が傷口を舐めてしまうので注意してください。

ご飯やお水には工夫が必要

いざエサを食べようにも、エリザベスカラーがお皿を押したり、床に置かれた皿に口が届かなかったりとなかなか大変です。

お皿が滑るなら皿の下に滑り止めマットを敷いたり、高さが合わないなら台を用意したりと、少し手を加えてあげましょう。

fbd91f280583b47e56f450c89a2fffad_s

まとめ

エリマキトカゲと化した愛猫の姿。

見ているぶんには微笑ましいのですが、イライラを募らせている姿はかわいそうですよね。

市販されているエリザベスカラーには、軽く柔らかい素材でできていたり、ドーナツ型だったりと様々なものがあります。

エリザベスカラーをつける期間が長引きそうなら、そういった品に頼るのもいいかもしれません。

Sponsored Links

この記事が気に入ったら
いいねで犬猫の小ネタをお届け!

わんにゃふる!の最新情報をお届けします

こんな記事も読まれています

ゆかり子

ゆかり子

投稿者プロフィール

犬猫を見ては「尊い…」と拝む兼業ライター。
もっぱら愛犬2匹に貢ぐ毎日。愛猫が大往生を遂げて以来、猫雑貨を手にレジに立つ回数が増えたことが悩みのタネ。
犬猫混在の多頭飼い経験がムダに豊富なので、記事に生かせればと思います。
@yukarikonekoでまったり呟き中です。

この著者の最新の記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る