長毛種の飼い猫にはサマーカットをすべき? その必要性について考えてみよう!

Sponsored Links

「猫は砂漠生まれだから暑さに強い」。

それは間違いありません。でも、猫が湿度に弱い動物であることも事実です。

ジトーッと蒸す日本の夏にはさすがの猫も白旗をあげます。

その証拠に、猛暑ともなると扇風機やクーラーなどの文明の利器に頼りつつノビていますよね。

となれば、長毛種の猫にサマーカットをしてあげたほうがいいのか悩むところ。

そこで今回は、猫のサマーカットについてメリット、デメリットも含めまとめてみました。

猫だって暑いものは暑い!

いくら砂漠生まれの猫とはいえ、耐えられてもせいぜい室温30℃弱まで。それもカラリと乾いた陽気が前提です。

ここ数年の40℃近い気温をたたき出す日本の夏ともなれば、湿度の高さも相まって猫にも大きな負担になります。

もちろん人間同様、熱中症になる恐れも……。 特に長毛種の猫は毛量の分、余計につらそうですよね。

いくら自慢の毛並でも、サッパリスッキリ刈ってあげたい!という気持ちになるのは当然の親心でしょう。

Sponsored Links

サマーカットのメリットとデメリット

メリット

毛玉がひどい猫であればサマーカットをすることでその悩みが一気に解消されます。

さらにグルーミングで飲みこむ抜け毛の量が減るので、毛玉を吐く回数も改善できるでしょう。

また、特に暑さに弱い猫や、エアコンが壊れて部屋が蒸し風呂状態!など、熱中症になる危険性が高い猫にはサマーカットは効果的です。

デメリット

被毛には紫外線避けの効果があり、サマーカットにすると浴びる紫外線量が増えてしまいます。

そのため、半室内飼いのように外に出る機会がある猫にサマーカットは逆効果。皮膚病を起こしてしまいます。 他にも、カットをすることで毛質が変わったり、トリミング自体が猫のストレスになることも。

特に繊細な猫だと、カットに怯えて暴れる可能性が高いです。

また、カットの際には猫に全身麻酔をするサロンがあり麻酔のリスクも生じます。

サマーカットが必要か判断するポイント

まず、半室内飼いや外飼いの猫にはサマーカットは厳禁! 先ほど述べたように、皮膚に大きなダメージを与えます。

室内飼いの猫でも、手に負えないほどの毛玉がなければ基本的にはサマーカットは不要です。

人間が留守であっても室温28℃前後をキープし、さらにこまめなブラッシングで毛玉を防げているならカットしなくても問題ありません。

DSC02760-1_20080611220359

まとめ

獣医師やトリマーのあいだでも意見が割れることが多い、猫のサマーカット。

長毛種イコール暑さに弱いとは限らない上、室内の温度調節にどれだけ気を配れるかが家庭によって異なるため、簡単に正解を出せるものではないからです。

サマーカットを検討している飼い主さんは、ぜひかかりつけの獣医さんに相談してみましょう。

生活環境や猫の性格を鑑みながら、その子にサマーカットが必要かどうかプロの目線で判断してくれますよ。

Sponsored Links

この記事が気に入ったら
いいねで犬猫の小ネタをお届け!

わんにゃふる!の最新情報をお届けします

こんな記事も読まれています

ゆかり子

ゆかり子

投稿者プロフィール

犬猫を見ては「尊い…」と拝む兼業ライター。
もっぱら愛犬2匹に貢ぐ毎日。愛猫が大往生を遂げて以来、猫雑貨を手にレジに立つ回数が増えたことが悩みのタネ。
犬猫混在の多頭飼い経験がムダに豊富なので、記事に生かせればと思います。
@yukarikonekoでまったり呟き中です。

この著者の最新の記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る