夏の暑さに要注意!猫にエアコンは必要なの?

Sponsored Links

これから夏に向かって、気温もどんどん上がっていき、愛猫の体調管理に気を配る時期がやってきますね。 飼い主の留守中は、熱中症対策も兼ねて、エアコンはつけたほうがいいのか悩む方も多いと思います。 今回は、そんなお悩みについてまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

そもそも猫は暑さに弱いの?

猫はもともと砂漠で生きていた生き物なので、暑さにはそれほど弱くありません。 室温30度までなら、なんとか耐えられますが、湿度には弱い生き物です。 また、長毛種は短毛種より暑さを感じやすいので、長毛種を飼われている方はエアコンはいれてあげましょう。短毛種を飼われている方も、夏は外気温よりも室温のほうが高くなりがちなので、熱中症対策も兼ねてエアコンをかけたほうが無難といえます。

Sponsored Links

エアコンは何度でかければいいの?

人間よりも高めの温度設定がよいです。28度~30度くらいで除湿モードがBESTです。 人間が快適だと感じる温度は、猫にとっては寒いことが多いので気を付けてあげてください。 また、念のため寒くなったら猫が移動できるように、エアコンをかけない部屋も用意してあげると体が冷えすぎないのでオススメです。

エアコンの風向きは?

猫の体に直接かからないように、風向きは上にしておきましょう。 風が直接かかると嫌がる猫や、寒くなりすぎてしまうこともあるので注意しましょう。

エアコン嫌いの猫っている?

長毛種の子の中に、なぜかたまにエアコン嫌いの子がいます。 せっかく、エアコンをつけていても、暑い部屋にいたり、廊下に出ていったりしまったり…。 そんな子はよほど暑いところではないようならば、無理にエアコンのかかっている部屋にいれなくてもOKですので自由にさせてあげましょう。 私も飼ってみてビックリしたのですが、自分のお気に入りの温度がある子が長毛種の中には多いのだと思います。 その際、飲み水は切らさないように周りに十分置いてあげましょうね!

エアコン以外の熱中症対策

扇風機をつける

エアコンが苦手な子でも扇風機ならOKという子が時々います。風が当たりすぎないように注意してかけてあげましょう。 その際、猫の手が挟まらないように扇風機に幼児用のカバーをかけたほうが安全です。

しかし、留守中はやはり危険かもしれないので、飼い主さんがいるときだけにしておいたほうがいいかもしれません。

ひんやりプレートを置く

家の中の涼しい場所に、ペット用のひんやりプレートを置いてあげましょう。 伸びながら寝れるような、体よりも少し大きめのものがオススメです。 買ったばかりの時は、警戒してすぐ使ってくれない子もいます。しかし、お気に入りの場所などに置いておけば、そのうち好んで使うようになる子もいるので、使わなくてもしばらく様子見していてください。

窓をあけて、風通しをよくする

脱走しないように対策が必要ですが、空気の入れ替えをするだけでも室内に熱がこもりにくくなるのでオススメです。

飲み水に氷を入れてあげる

1~2個ほど氷を入れてあげると、氷につられて普段よりも水を多く飲んでくれますし、体の中から温度を下げてくれます。 しかし、氷をいれずぎるとお腹が冷えてしまい、下痢などの体調不良の原因になってしまうので、ほどほどにしてあげてくださいね。

まとめ

猫を飼われている家での暑さ対策について、紹介してきました。 愛猫の体調管理はまず、飼い主さんが暑さ対策の知識を正しく身につけるところがスタートです。 暑い夏のシーズンを人間も猫も体調を崩さずに上手に過ごせるようにしたいものですね。

Sponsored Links

この記事が気に入ったら
いいねで犬猫の小ネタをお届け!

わんにゃふる!の最新情報をお届けします

こんな記事も読まれています

ゆんちゃま

ゆんちゃま

投稿者プロフィール

猫が好きすぎて部屋中、猫だらけのアラサーライター。
最新の猫雑貨や猫ガチャに目がなく、気づけば何千円も投資してしまうことも…。
大好きな猫の正しい知識を多くの人に知ってもらって、猫好きが増えればいいなと思っています。
目指すは、日本猫好き計画にゃー。

この著者の最新の記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る