暑さに負けないにゃん! 猫の熱中症対策ガイド

Sponsored Links

これからの時期、暑くなってきて、気になるのが留守中の室内の温度。

大切な家族を熱中症から守りたい!そんな優しい飼い主さん必見です!

猫だけでお留守番させるときにどういう暑さ対策をすればいいのかを今回は詳しく紹介したいと思います。

エアコンなら28度~30度の除湿

人間が心地よい感じるエアコンの温度は猫にとっては寒いので、このくらいの温度でOKです。

猫は暑さよりも湿度に弱いので、除湿やドライモードにしてあげましょう。

電気代が高くなるのでは?と心配な飼い主さんもいますよね。私もそうでした。

しかし、実際に28度でかけっぱなしにしてみると、私の場合は電気代は対して変わりませんでしたので、一度試してみてはいかがでしょうか?

Sponsored Links

冷却プレート

乗るとひんやりする冷却プレートを用意するのも1つの手です。

アルミ素材のものには乗ってくれない子も、ゼリータイプのものには乗ってくれたりと、好みが分かるまでが難しいですが、いろいろな素材のものを試してみるのもオススメです。

大理石のものなら、ひんやり感も他のものより増しますし、持続性もあるように感じます。

置く場所は窓際に置くと、外を見ながらのんびりできるので使ってくれやすくなりますよ。

また、大きさは猫が伸びても使用できるように少し大きめのものがいいです。

すだれを設置

直射日光がはいらないように、窓の外側にすだれをかけるのもよい方法です。

影をつくってくれるので、室温が高くなりにくく、風通しも良くなります。

窓をあける

防犯対策や、猫が窓から脱走しないように対策を事前にしておくことが必要ですが、風が部屋に流れ込むように窓を2箇所ほど開けておくのもオススメです。

その際、網戸も猫が破ってしまう可能性があるので対策は万全にしてくださいね。

水を何箇所かに用意する

夏は飲み水場が1箇所しかないと危険です。

留守中に遊んでいて、こぼしてしまったり、飲み切ってしまったりすると脱水症状を起こしてしまう可能性があるので、飲み水を何個か置いてあげましょう。

その時、設置する場所は同じ部屋だけでなく、違う部屋や廊下にも置くといいです。

水の中に氷を入れてあげると、よりひんやりして、猫も好んで飲んでくれますのでぜひ試してみてくださいね。

最後に…

夏になると、昼からの急激な外気温の上昇で、部屋の温度が上がってしまったり、車内で熱中症になってしまったりと、悲しい事態が起こりやすくなります。

そんなニュースを目にするたび、心が痛みます。

動物は言葉が話せません。

暑いときに「暑いからどうにかして!」と訴えられない弱い立場だからこそ、強い立場の人間側が気持ちを汲み取り、事前に対策をしていく必要があるのです。

Sponsored Links

この記事が気に入ったら
いいねで犬猫の小ネタをお届け!

わんにゃふる!の最新情報をお届けします

こんな記事も読まれています

ゆんちゃま

ゆんちゃま

投稿者プロフィール

猫が好きすぎて部屋中、猫だらけのアラサーライター。
最新の猫雑貨や猫ガチャに目がなく、気づけば何千円も投資してしまうことも…。
大好きな猫の正しい知識を多くの人に知ってもらって、猫好きが増えればいいなと思っています。
目指すは、日本猫好き計画にゃー。

この著者の最新の記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る