メリットもデメリットも知って、もっと猫を愛しちゃおう!

Sponsored Links

CMなどのタレント猫のなどの影響もあり、最近では猫がブームになっていますね。

TVや雑誌などで可愛い猫を見ていると、飼いたいなと思う方も多いのではないでしょうか?

しかし、生き物を飼うということは命を預かるということです。

今回は猫のメリット・デメリットについて詳しくお話致しますので、猫をお迎えする際に参考にしていただけたらなと思います。

猫のデメリットとは?

床や壁にひっかき傷がつく

猫にとって爪とぎという行為はなくてはならないものです。

そのため、爪をしっかり切っていても、床や壁などに傷がついてしまう場合が多いです。

傷つけられたくない方は、シートを張って守ったり、各部屋に1個ずつ必ず猫が好む素材の爪とぎを置くことが大切です。

畳の部屋は要注意

畳をひっかいてしまう猫ちゃんは多いです。

フローリングと違い、畳は痛みやすく、張り替えも費用がかかるため飼い主さんの負担になってしまうことがあります。

和室の部屋があるお宅は、和室に猫をいれないように徹底すしたほうがよいです。

猫はいたずら好き

特に子猫は飼い主さんの留守中に部屋の中で遊んで、ゴミ箱を倒したり、物をおもちゃ代わりにして遊んだりします。

帰宅したときに部屋が見違えるほど散らかっていることも…。

そうしたいたずらも許してしまえるようでないと、飼い主さんにストレスが溜まってしまいます。

こうしたデメリットはありますが、猫を飼うことはそれ以上にたくさんのメリットがあるのですよ!

Sponsored Links

猫のメリットとは?

猫のゴロゴロ音で治癒力UP

ご機嫌な時に猫は喉をゴロゴロ慣らします。

このゴロゴロ音は、自身も怪我などを早く治すために活用している魔法の音なのです。

そして、実はこの音は人間の骨折などの回復を早めてくれる効果があるということが最近判明してきました。

有名なスポーツ選手も猫のゴロゴロ音を治療に役立てていたというから、すごいですよね。

また、この音は20~50ヘルツの低周波音なので、癒しの効果もあります。

私たち人間がポジティブな考えをできるようになったり、心がハッピーになる音だと言われています。

猫も懐く

猫といえばマイペースで呼んでも来ないというイメージがある方も多いのではないでしょうか?

しかし、最近では完全室内飼いが増えてきている影響で猫の性格も変化しつつあるのです。

飼い主さんにぴったり寄り添って歩いたり、傍から離れなかったりとまるで犬のような性格の子が増えてきています。

しかし、いつでもべったりと言うわけではなく、気ままにも行動してくれるので、その適度な距離感が心地良いと猫に夢中になってしまう方も多いようですよ。

散歩がいらない

猫は部屋の中を自由に走り回ったり、歩いたりするので基本的には散歩が必要ありません。

好き勝手に運動してくれる子がほとんどなので、飼い主さんの負担が減ります。

一緒に遊べる

遊び好きな性格なのも猫の魅力のひとつ。

どんなものでもおもちゃにかえてしまう天才なので、ひも1本あれば楽しく一緒に遊べるのでお財布にも優しいです。

また、一緒に遊ぶことで絆が深まり、猫との信頼関係も深まりますよ。

意外と情に熱い

猫は意外に人間の行動をよく見ています。

そのため、ささいな変化にも気づきやすいと言われています。

一時期ネットで話題になったように飼い主さんをピンチから救ったり、赤ちゃんをあやしたりと優しい性格の子が多いのです。

生まれたての時に自力でなにもできないからこそ、他の生き物に優しい愛情深い子が多いのだそうです。

そんな子が隣にいてくれれば、飼い主さんの心も温まること間違いなしですよ。

まとめ

動物を飼う際は、本当におうちで一生飼えるかどうかをしっかり考えてから飼うことが重要です。

少しでも「無理かもしれない」と思うことがあれば、もう一度よく検討してみてください。

ペットは物ではありません。

きちんと心や感情がある生き物です。

言葉は通じないけれど、心を通い合わせることはできます。

それに猫を飼うことで、デメリット以上にたくさんの喜びや楽しさを味わうことができます。

ぜひ、迷っている方はこれを機に家族の一員としてお迎えしてされてみてはいかがでしょうか。

Sponsored Links

この記事が気に入ったら
いいねで犬猫の小ネタをお届け!

わんにゃふる!の最新情報をお届けします

ゆんちゃま

ゆんちゃま

投稿者プロフィール

猫が好きすぎて部屋中、猫だらけのアラサーライター。
最新の猫雑貨や猫ガチャに目がなく、気づけば何千円も投資してしまうことも…。
大好きな猫の正しい知識を多くの人に知ってもらって、猫好きが増えればいいなと思っています。
目指すは、日本猫好き計画にゃー。

この著者の最新の記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る