もしかして、嫌われてる? 実は色々ある猫パンチの意味

Sponsored Links

猫独特の攻撃、猫パンチ。 かわいらしく見えますが、実際にやられてみるとその威力にビックリしますよね。 猫パンチをするときの猫の気持ち、知りたくありませんか?

気持ちは大きく分けて3種類

  1. 「ねえねえ、それ何?」の興味深々型猫パンチ
  2. 「これ以上くると怒るよ!」という警告の猫パンチ
  3. 「ケンカ開始!」の本気の猫パンチ

これらの違いを詳しく説明していきますね。

興味津々型猫パンチ

飼い主さんがおもちゃなどで遊ぶときに繰り出すパンチは主にこれです。 興奮して、たまに痛いこともありますが、たいていの場合はパンチされても痛くありません。 この時のパンチは爪を引っ込めているので、流血することもなく、猫本人も相手を傷つけるつもりはありません。

Sponsored Links

警告の猫パンチ

威嚇をしながら、少し引き気味に繰り出すパンチがこれです。 威嚇をすることで「こっちにこないで!」という気持ちを伝えつつ、パンチをします。 機嫌が悪いときにもよく繰り出されます。攻撃する意志はまだ弱いので一度に何発も繰り出されないことも特徴のひとつです。 猫は避けられるケンカは避けたい平和主義な生き物なので、この時のパンチは引き気味で出されることがほとんどです。 爪が出ているときもあるので、手をだすと危ないかもしれませんね。

本気の猫パンチ

威嚇しても気持ちを分かってくれず、執拗に構ってくる相手にはこのパンチを繰り出します。 攻撃をしないと、相手にはもう伝わらないと思う猫の最終手段です。 爪が出ているので、流血は間違いないですし、とても痛いです。 一度に何発も繰り出されるのも特徴です。

猫パンチをしてくるときのネコの気持ち

機嫌が悪い

マイペースな猫は気分によって、左右されることが多いです。 さっきまで甘えていたのに、いきなり…なんて時は機嫌が悪くなった場合がほとんどです。

構いすぎ

可愛いからといって、猫をしつこく触ったり、抱っこしたりして拘束していませんか? 抱っこは特に猫にとっては「いつ終わるか分からない嫌なもの」なのです。 猫の気持ちも考えて、スキンシップはほどほどにしましょうね。

嫌なことをされた

猫は嬉しかったことはすぐ忘れてしまいますが、嫌なことはいつまで経っても覚えています。 あなたが遊び半分でした嫌だったことを覚えていて、「あなた=嫌なことをされる!」と認識しているのかもしれませんよ。

まとめ

猫は本来、愛情深い生き物です。 優しく、争いを好まない動物が攻撃してくるということは、なにかしらの問題があるということです。 また、去勢・避妊手術をしていない猫は気が荒くなりますので、そういった面からも理由を考えてみるといいかもしれません。

Sponsored Links

この記事が気に入ったら
いいねで犬猫の小ネタをお届け!

わんにゃふる!の最新情報をお届けします

ゆんちゃま

ゆんちゃま

投稿者プロフィール

猫が好きすぎて部屋中、猫だらけのアラサーライター。
最新の猫雑貨や猫ガチャに目がなく、気づけば何千円も投資してしまうことも…。
大好きな猫の正しい知識を多くの人に知ってもらって、猫好きが増えればいいなと思っています。
目指すは、日本猫好き計画にゃー。

この著者の最新の記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る