猫のストレスを減らして 一緒に楽しくドライブする方法ガイド

Sponsored Links

ちょっとした遠出や緊急時など、猫とドライブができれば便利ですよね。

でも、慣れない環境は猫にとって大きなストレスになります。

はたして猫とのドライブはあきらめるしかないのか? 何かいい方法はないのか? 調べてみました!

猫は車が苦手

車酔い・大きなエンジン音・振動・車内の臭いなど、車は猫にとって苦手な要素がそろっています。

好奇心旺盛な猫ならまだしも、神経質で臆病な猫からすればドライブなんて拷問のようなもの。

なかにはストレスで下痢をしたり、パニックで暴れてしまう子も……。

どうしても猫とドライブをしたいなら、猫のストレスを少しでも減らす必要があります。

Sponsored Links

猫のためにできること

猫の食事は出発の2~3時間前までにすませる

出発直前に食事を与えると、車内で吐いてしまうことがあります。 直前の食事は避けて、猫の胃が落ち着いてから出発してください。

また、水は出発の1時間ほど前までに飲ませましょう。

キャリーバッグにタオルをかける

猫は暗くて狭い場所を好みます。 猫が少しでも落ち着けるように、タオルをかけて暗室を作ってあげるといいでしょう。

キャリーバッグは直射日光を避けて風通しのいい場所に置いてくださいね。

車内の気温は20~24度をキープ

真夏などの気温の高い日には特に注意が必要です。 キャリーバッグの中にタオルでまいた保冷剤を入れてあげましょう。

また、冬でも油断は禁物。閉め切った車内は思いがけず気温が上昇します。 猫にとっての快適な温度を保てているか、常に気を配ってください

乱暴な運転はしない

車の揺れは猫にとって恐怖以外のなにものでもありません

カーブ、坂道、舗装されていない道……難しいことも多いですが、 いつも以上になめらかな運転を心がけるようにしましょう。

マメな休憩と換気を

出発したら1~2時間に一回は休憩をはさんで、人も猫も気分転換をするようにしましょう

猫には紙皿やスポイトを使って水を飲ませてあげましょう。 さらに車内の換気も忘れずに。

可能であれば運転中も窓を細めに開けて、常にクリーンな空気を保ってください。

車酔いをする猫には

体質的に車に酔う子であれば、残念ですがドライブはあきらめた方が猫のためです。 ただ、やむにやまれぬ事情でどうしても車移動が必要……なんてこともありますよね。

そんなときには事前に獣医さんに相談してください。動物用の酔い止めや鎮静剤を処方してくれます。

最後に

例にもれず、車が大の苦手だった我が家の箱入り猫。

なるべく猫同行のドライブは避けていましたが、「どうしても車移動が必要」ということが何回かありました。

そんなときは家族に運転を任せ、私はキャリーバッグにぴったり寄り添い「大丈夫だよ~ここにいるよ~」と声をかけることに専念。

指をキャリーバッグの中にさし入れて、指先のにおいをかがせたり猫のおでこを撫でたりも。

車内の環境を整えるだけでなく、怯える猫の不安な気持ちへのフォローも忘れないようにしましょうね。

Sponsored Links

この記事が気に入ったら
いいねで犬猫の小ネタをお届け!

わんにゃふる!の最新情報をお届けします

ゆかり子

ゆかり子

投稿者プロフィール

犬猫を見ては「尊い…」と拝む兼業ライター。
もっぱら愛犬2匹に貢ぐ毎日。愛猫が大往生を遂げて以来、猫雑貨を手にレジに立つ回数が増えたことが悩みのタネ。
犬猫混在の多頭飼い経験がムダに豊富なので、記事に生かせればと思います。
@yukarikonekoでまったり呟き中です。

この著者の最新の記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る